一度でも看護師として働いたことがある方は分かると思いますが、

仕事に就いて一番問題となるのは人間関係なので、

見学では、職員同士が、私語でも良いから話をしているのかをチェックすると良いです。

 

和気あいあいと話をしながら仕事をしているようであれば、その職場は人間関係が良いと思います。

特に看護師はチームワークがとても重要になるので、チェックするポイントになるかと思います。

 

後は、見学時は、看護師長や主任さんが説明に付いてくれると思いますが、

説明についてくれた人の対応が親切で丁寧だったり、優しかったりすれば、良い職場環境が期待できますが、見学に来た人に不快感を与えるような人が付くようでは、あまりオススメはできません。

新しい環境では、上司の人間性が悪いとうまくいかないこともあるので、これから上司となる人が説明した時に、なんだか嫌だなと思ったら違うところを探しても良いと思います。


面接時は、見学時と同じように師長や主任が付く事が多く、
看護師は基本的に、人手が不足している事もあり、面接は明るい雰囲気で、簡単な質問で終わる事が多いですが、
ここで嫌な質問を受けたり、悪い雰囲気なら、職場の環境も悪いのではと想像ができます。

 

現場を少しでも経験しているとわかりますが、

主にどんな患者さんに対して、医療サービスを提供しているか?

医療関係者の仕事内容は、入院されている患者さんの特徴で左右されます。
そして、ひとつの施設であらゆる患者を看る……ということは、現実にはあり得ません。

施設ごとに、得意な患者、来て欲しい患者というものがあります。
自然と、施設の広報活動も、そうした患者を呼び込む方向になります。就職する側からすれば、主たる患者層の特徴によって、自分のやりたいことがそこで出来るかどうか、という話になります。これは、就職後のモチベーションを左右する、非常に大きなファクターです。

ですので、是非、患者の年齢、主たる疾患、ADLの自立度など……情報を得てきてください。

 

スタッフ間(医師と看護師・看護師と医療事務など)でどういうやり取りをしているか?

周縁スタッフが中心スタッフ(主に医師でしょうか)としている会話を聞いて、話しやすそうな(=意見しやすそうな)雰囲気なら、その施設では患者中心に、かつスタッフのモチベーションもある程度高く、働きやすい環境であると思います。

少なくとも自分の意見を聞いてもらえる、という感覚は、働いていて気持ちがいいものです。そして意見する目的は何か? 当然、より良いケアを提供するためです。

 

スタッフが食事するのは、どんな場所か?

これは案外大切です。勤務中のささやかな気分転換が、息も詰まるような狭い休憩室で行なわれるか、広くて落ち着ける食堂で行なえるか、その効果は長く働けば働くほど、出てきます。

勤務する最低8時間の合間にも、レクリエーションは必要です。

 

コンサルタントの人に病院に中や雰囲気まで聞いても実際はわかりません。

最後は自分の目になります。

・忙しいけれど仕事しやすいので我慢できる環境

・自由だけど、肝心な仕事となると不満だらけ

・上司ができない人

・看護師間の給与に差がある(入職時期などによって)


「一定の給与」

「仕事のやりやすさ」

 

を自分で確かめながら、

「転職サイト」からその病院・診療所に転職した実績があるか?

などをコンサルタントさんから収集し選ぶのもいいかもしれません。

【プロフィール】

もともと看護師として豊富な経験や知識があるわけでもなく、長いブランクを経て、再就職を決意した年齢は40歳。けっして、好条件と言うわけではありませんでしたし、まさに手探り状態、不安しかないという状況でのスタートでした。しかし、最終的には、希望通りの職場での再就職を叶え、今でも、元気に仕事を続けています。看護師にとって働く環境はとても重要です。無理せず楽しく仕事ができる環境で仕事ができることを応援しています。